海外ライターや海外ウェブマガジンで培ったノウハウや経験を活かし、自社ブランディングや発信の場になるオウンドメディアを海外仕様で構築することが可能です。ECを運営されていれば集客導線にすることも可能です。