【イベントレポート】Shopify Unite 2018 in Japan

 

こんにちは、BENLYの八幡(はちまん)です!
6月27日(水)に東京で開催されたShopifyのパートナー向けカンファレンス「Shopify Unite(ショッピファイ ユナイト)2018 in Japan」に参加してきました!日本での開催は史上初であり、興奮冷めやらぬうちにイベントレポートをお届けします!

Shopify Uniteとは?

Shopify Uniteは、Shopifyパートナーやエンジニアが集まるカンファレンスです。各社が取り組み事例や機能の活用方法を紹介したり、Shopifyからは今後リリースされる新機能が発表されるなど、Shopifyに関わる企業にとってはナレッジを共有する、また最新情報をキャッチアップするための場となっています。これまでアメリカやカナダでは開催されてきましたが、今回初めて日本で待望の開催となり、100名近い参加者が会場を埋めつくしていました。

イベントスケジュール

第一部はShopifyと駐日カナダ大使Ian Burney氏からの開会の挨拶とストア事例の紹介、第二部はShopifyパートナーとShopifyからの事例や新機能の発表、第三部は越境ECの最新データ発表とパートナー各社によるパネルディスカッションという構成でした。プログラム終了後は美味しいドリンクとおつまみが出る交流会もありました。

イベントサマリー

お忙しい方向けに先に結論を書いてしまいます。今回のUNITEでの発表を一言でまとめると個人的には「Sell more, sell globally」だなと感じました。Shopifyの日本進出から1年が経ち制作・運用する上で十分使いやすいなと思っていましたが、今回発表された「ローカル決済対応(Shopify Payments)」「多通貨決済対応(Shopify Payments)」「マーケティングキャンペーン」「Shopify plus」などの機能からは、ストアがもっと売れるように販売支援、越境EC展開をよりサポートしていこうというShopifyの強い意気込みを感じました!ハードルが高いと思われている越境ECでより売りやすくなるとのことで個人的にも今後機能がリリースされるのが非常に楽しみです。新しい発表は15個ほどありましたので下記に詳細を記載します!

第一部『Shopify の日本展開』

■1.駐日カナダ大使 Ian Burney 氏による開会の言葉

Ianさんは元々小さい頃日本に住んでおり、ウルトラマンや仮面ライダーが好きだったそうです。そこから「今ではカナダにいてもEコマースで日本の商品が買える時代になりました。」という話に持っていくあたり、さすが大使の方でトークの流れが上手いなと思いました(笑)。ちなみにカナダで開催されたUNITEではカナダ首相のJustin Trudeau氏がパネルディスカッションに登壇されたそうです。首相が民間企業のイベントに出るなんて、カナダが国としてもShopifyのサポートに力を入れていることが伺えますね。

■2. Shopifyを実際に利用してみて(タビオ株式会社 社長直轄プロジェクト 米国事業開発責任者/ 竹澤 一浩氏)

老舗靴下メーカーTabioでは、海外向けにリアル店舗展開を進めていたもののあまり芳しくなく現在アメリカ向けにはShopifyで構築したECサイトで販売をしているそうです。(https://tabiousa.com/ )竹澤さんのお話で印象的だったのは「Shopifyはマーチャントからすると時間がたつほど勝手にどんどん使いやすくなるプラットフォーム」という言葉で、これはShopifyの良さを的確に捉えているなと思いました!

第二部『Unite Japan:日本と越境ECでの国境なきコマースの未来』

■1. Shopifyの新機能が日本とグローバルのコマースをどう変化させていくのか(Shopifyカントリーマネージャー Mark Wang氏、BDマネージャー 上崎理会子氏、パートナーマネージャー上野有彩氏、コンテンツストラテジスト豊田亮太氏)

Markさんからは、興味深いデータの発表と待ちきれない新機能の発表がありました。Shopifyではストアの売り上げのうち半分以上のユーザーが海外から購入しているそうです。また正確に聞き取れなかったのですが売り上げ手数料?はShiopify自体よりもパートナーへの支払いの方が多く、パートナーとの連携をこれからも重視したいというお話がありました。まさかパートナーの方が多いとは予想していなかったため非常に驚きでした!そしていよいよ新機能の発表です!

●1.Shopify Paymentsの多通貨決済機能の対応(2018年秋対応予定)

越境ECで商品を販売する際、例えば50ドルで価格登録をしているとユーザーがユーロや円表示にすると為替変換の影響で小数点が出てしまい購入率が下がってしまうそうです。Shopify Paymentsではこの小数点を無くして切りの良い価格でどの通貨でも表示ができるようになるため、購入率のアップが期待できるそうです!(ちなみにShopify Paymentsとは、Shopifyが直接提供する決済方法で各社へ申し込みを別々にしなくとも一括で簡単に各種決済対応ができます。)

●2.Shopify Paymentsのローカル決済方法の対応(2018年秋対応予定)

日本ではよくカード決済や代引きが使われますが、海外では国によって決済事情が異なります。例えば今回お話が出たドイツではカードは使われず代わりに銀行振込が、中国ではWeChat PayやAlipayが使われます。今回Shopify Paymentsがそれらローカル決済方法に対応するということで、Shopify Paymentsに申し込むだけで一括して簡単に越境ECを狙った決済対応が可能になります!またそれだけではなく、国ごとに最適な決済方法が表示される(余計な決済方法は表示されない)ため、チェックアウトがシンプルになり購入率が上がることが期待できるそうです!決済周りが手前だと購入する気持ちもなくなって離脱してしまうので、これは個人的にも楽しみです!

●3.マーケティングキャンペーン(2018年夏対応予定)

Shopifyの管理画面のメニューに「マーケティング」のセクションが新しく加わり、アドバイス・キャンペーン・レポートの3点が利用可能になります。アドバイスは具体的には「ギフトセットの売り上げが15%アップしているから、Googleショッピング広告を\3,000払ってみては?」と通知してくれるそうです。またキャンペーンは具体的には、ある条件に基づいたニュースレターなどのキャンペーンをこれまで以上に柔軟に作れるようになります!

●4.3D商品データ表示機能(β版を近日発表予定)

なんと商品を画像ではなく3Dデータで360度自在にチェックできるようになる機能です!アパレルや家具などユーザーが実際に見ないとイメージがわきづらい商品を販売するストアにとっては非常に楽しみな機能です。Shopifyとしては返品率を下げることを狙っているそうです!

■2.パートナーとしてどのように事業を拡大させていくのか(Plus編)(コマースメディア代表 井澤氏、デジカ カジタ氏、WebLife Japan CEO 山岡氏、Flagship 代表 神馬氏)

このセクションではShopifyパートナーの各社から新機能の発表がありました。在庫管理・API連携の言語・チェックアウトレスなど多岐にわたるワクワクする発表を下記にまとめます!

●5.GraphQL Admin API

GraphQLとはAPI向けの言語で、よく使われている従来のRESTに置き換わると一部では言われています。GraphQLはShopifyのブラウザでテストや読み込みができ、またRESTよりも記述が短く欲しいデータだけ取得できるため、アプリ側を高速に動作させることができるとのことです。

●6.サービスマーケットプレース(2018年夏にβ版提供予定)

Shopifyのストアさんがフォームで簡単に質問に答えていくことでパートナーにデザインやライティングなどお仕事を依頼できるサービスです。お仕事の依頼はパートナー管理画面からチケットのように1件ずつ確認して対応することができます。請求も管理画面から一気通貫でできるようです。ストアさんからすると簡単に信頼できるパートナーにお仕事の依頼ができ、パートナーからしてもすでに情報が集められた上で対応ができるため、両者にとって非常に良い仕組みになっています!

●7.BOGOとまとめ買い割引

BOGOとはBuy one get free oneの略でよく海外では見るキャンペーンですね。この機能は既にリリース済みです。

●8.ダイナミックチェックアウト

ユーザーの過去の履歴からパーソナライズしてApple PayやGoogle Payなどの決済方法をダイナミックに表示する機能です。ユーザーのチェックアウトの手間を省けるため購入率アップが期待できます!こちらも既にリリースされています。

●9.Shopify plusプラン

こちらは機能ではなく現在の最上位プラン「Advanced Shopify」の更に上位のプランです。制作から運用までコンサルタント・エンジニア・サクセスマネージャーが担当でストアについて手厚くサポートしてくださります!また1分間に1万件以上の大量受注の負荷にも耐えられ、セキュリティもLevel 1 PCI DSSに対応で安心です!グローバルではNestle、Redbull、Unileverなどが利用しているそうです。価格は営業の方へ問い合わせとなります。またパートナーとしても、Expertから実績を積むとplusパートナーになれるとのことです。

●10.Shopify Flow

例えば、500ドル以上買ったユーザーに「Gold」という属性を付与するなど、条件決めをして自動化ルールを作成できます。plusプランでないと使えないアプリです。

●11. LAUNCHPAD

設定した時間に基づいてキャンペーンやページを更新してくれるなど、時限設定ができるアプリです。

●12. SHOPIFY SCRIPTS

パーソナライズされた体験をルールに基づいてオートメーションで対応してくれるツールです。例えばユーザーにわざわざクーポンを使ってもらわなくても条件に合致すれば割り引いてあげるといった対応ができるようになります。

●13.CHECKOUT CUTOMIZATION

チェックアウトページをHTML・CSS・Java Scriptで柔軟にカスタマイズできるツールです。

●14. 9 EXTRA STORES

1つの契約で同ブランドのサイトを+9個まで立ち上げ可能になります。期間限定アウトレットストアや、展開国ごとの通貨と言語でのストア立ち上げに使われるとのことです。

●15. Plus ONLY APIs

シングルサインオン(Multipass)・Gift CardのAPIが利用可能になります。別々のデータを統合できるイメージです。

■3. Shopify UNITE 2018 in Canada体験談(デジカ CTO Richard氏、GO RIDE 代表取締役 平島氏)

Shopifyはカナダ発のECプラットフォームですが実はカナダでUNITEが開催されたのは今回5月のものが初めてで、1,000人を超える方が参加されたそうです。やはり英語圏ということで最新情報がシェアされており、日本からも10数社参加したそうです。弊社も次回は行きたいです・・・!

第三部『パートナーシップ:コミュニティと共に成長』

■1.PayPalから見る越境ECの現状と未来について(PayPal Pte. Ltd. チャネルマネージャー/ 徳満 泰彰氏)

クレジットカード決済のPayPalからは、調査会社イプソスによる越境ECのデータについてお話がありました。日本は中国からの購入先はNo.1、アメリカからの購入先はNo.4ということです。また越境ECにおける購入要因としては、送料無料、安全な決済、自国でない表品、自国通貨対応、価格が安いという5点が挙げられるとのことです。理解はしていましたが改めて頭の整理になりました!またニュースが2つあり、まず日本でも銀行口座からの支払いができるようになるそうです!またShopifyストア向けにキャンペーンも実施しており、7/31までに初めての申し込みで、Shopify内でのPayPal決済手数料が60日間無料、またShopify月額料も1年間10%オフになるそうです!熱いですね!

■2. Amazon Payから見る日本のEコマースのトレンドについて(アマゾンジャパン合同会社 Amazon Pay事業本部 本部長/ 井野川 拓也氏)

Amazon Payを導入すると圧倒的に新規ユーザー登録率・購入率がアップする事例のご紹介でした。Furboでは導入3ヶ月でAmazon Payが全体の20%を占めるように、またBASE FOODは新規ユーザー率2倍、購入率2.5倍にもなったそうです!Shopifyストア構築の際は今では導入が欠かせない決済方法になっています!

■3.Shopify パートナーによるパネルディスカッション(サイト構築編・アプリ開発編)

パネルディスカッションでは、Shopifyストアを構築するパートナーやアプリを開発するパートナーの各社が、パートナーになった経緯やShopifyの良いところなど様々なトピックでお話されていました。

おわりに

今回初めてUNITEに参加し、ShopifyのECプラットフォームとしての魅力とそれを支えるパートナーの多さに、改めてワクワクを感じる機会となりました。弊社もパートナーとして新しい機能をどんどん活用し、ストアさんの売り上げアップに向けて今後もチャレンジを重ねていこうと思います!

BENLYでは、Shopifyストアの構築から海外発送代行・外国語カスタマーサポート代行といったオペレーションまで一気通貫でサポートしております。越境ECをご検討されている企業様はお気軽にご相談ください!

またShopifyパートナーとして、Webディレクター、デザイナー、コーダー、エンジニアの方を積極的に募集しております!ご興味がございましたら是非ご連絡ください!

BENLY越境EC推進本部Webマーケティングチームリーダー / Webディレクター。日本と台湾のハーフ。BENLYにて物流事業・カスタマーサポート事業・海外向けマガジン「LiiiFE」立ち上げを担当。実務経験を元にした実用的な提案を得意とする。B’z、カメラ、マラソンが好き。自分でも日本の写真を販売するShopifyストアを運営する。Twitter ID/note ID:r_hachiman