「Recurring Orders & Subscription Box App」定期購入設定

 

 

Recurring Orders & Subscription Box App($19.99/月額)

定期購入の注文ができるように設定をし、その設定も細かくできるアプリです。
このアプリを使用して、次回注文する頻度を毎月(その他も可能)など指定すれば、Shopify注文管理に直接注文を生成・自動的にクレジットカードに請求をおこないます。

またお客様側も、数量、請求情報の更新、出荷の一時停止またはスキップ、商品の交換などが可能です。

 

このアプリでできること

  • buyボタン(shopify以外のサイトから、すぐに購入ページへ飛ばすことができるボタン)にも適用可能
  • 定期購入のお客様にお届けする内容を、お客様本人が指定の商品群の中から自分で選択できる
  • 一定期間、定期購入を利用すると、割引率が更にアップする設定
  • 一度無料サンプルを購入すると、それ以降は割引が適用されたキャンペーン価格での販売に切り替えられる

設定方法

1.インストールのオプションを選択する

アプリをダウンロードした後、上のような画像が表示されます。Manual Installは高度な技術を要するので、Automatic Installを選択することをお勧めします。

2.Payment Getawayを登録する

アプリの設定から、「Payment Getaway」をクリックします。Payment GetawayのオプションはStripeやBraintree、Paypal、Quick Payなど18種類ありますが、Stripeがお勧めです。Stripeは会員登録が必要になります。

設定方法

1.定期購入のスタイルを選択する

アプリの設定から「Recurring Style」をクリックして、定期購入のスタイルを選択します。「カートに商品を追加してから、定期購入をするかを選択するスタイル」「定期購入したい商品を一つ選択し、そのままカート画面に移行するスタイル」「定期購入したい商品を選択した後、定期購入しない商品も一緒にカートに追加してお会計できるスタイル」があります。

2.「Recurring Cart」を設定する

「Recurring Cart」は、定期購入の期間や、購入者が定期購入できる期間として選択できる最大の期間、定期購入の割引の適用を設定できます。すべての項目を選択した後、Saveをクリックして登録を完了します。

3.「Single Product」の設定をする

定期購入商品の名前を入力し、「定期購入ができる商品」「一つの商品の購入が他の商品の定期購入を含む」「どのくらいの商品数を選ぶのかやどの商品が利用可能かを設定する」というオプションを選択します。その後、Initial Purchaseの「Select Products」をクリックし、定期購入したい商品を選択すると登録は完了します。

4.Buy Bottonを設定する

アプリのホーム画面から「Subscriptions」を選択し、「Buy Button」をクリックします。その後、「Select a Product」をクリックして商品を選択します。選択した商品の定期購入の期間を設定し「Generate Button Code」をクリックします。この設定によりURLが作成され、そのURLをクリックした購入者は3か月おきに商品が届くようになります。

検証結果

1.カートの画面で定期購入を選択する(Recurring Cart)

「Recurring Cart」の設定では商品をカートに入れた後、ショッピングカートの画面で定期購入のオプションが選択できます。

2.商品をカートに入れる前に定期購入を選択する(Single Product, Multiple Products)

「Single Product」「Multiple Products」の設定では、購入したい商品をクリックしカートに追加する前の画面で、定期購入のオプションが選択できます。

3.「Buy Button」の設定でURLクリックから定期購入のサイトへ飛ぶ

「Buy Botton」の設定で作成したURLをウェブサイトやブログに貼り付けると、ユーザーはそのURLをクリックするだけで定期購入のチェックアウトへ飛ぶことができます。

まとめ

このアプリはリリース後も新機能の追加アップデートが幾度も行われています。
ユーザーと一緒に成長していくこのアプリは、今後大きく成長していくあなたのお店と一緒に変化を遂げていくアプリとなりそうです。

 

 

BENLYインターン生。現役大学生として国際政治やアメリカ史を学ぶ。Shopifyリサーチ担当。好きなものは、ミュージカルと本格ミステリー。