「Bulk Discounts」クーポンコード作成

 

 

Bulk Discounts(カスタム)

ソーシャルキャンペーンなどに使う、割引クーポンコードを簡単に作成できるアプリ。
Shopifyストア管理者に一度に最大25万の割引コードが作成できます。
ランダムコードから、店舗のイベントに合ったテキストコードを作成できます。
(※SummerSaleのイベントに使用する場合、「SummerSale-3820474defa6」と冒頭のテキストをイベントに合わせた文言にカスタマイズ可能)

最初の割引セットは無料です。その後、割引セットごとに1回の支払い
最大10,000コード:$ 1.00
10,000~100,000のコード:$ 3.00
100,000~250,000のコード:$ 5.00

 

このアプリでできること

  • 割引コードセットをいつでもCSVファイルとしてエクスポートできます。
  • プロモーションコードをカスタマイズ。割引額、ルール、適用されるコレクションなどを設定します。
  • シーズン、イベントごとにいくつ割引コードを発行したか管理できます。
    例)spring 2017  [1000 codes created]

設定方法

1.割引コードを作成する

割引コードの名前を登録します。その後Shopifyのプレフィックスを用いて割引コードを作るか、割引コードを他から取りこむかを選択します。そして、〇〇円引きや〇%引きなど割引の方法を登録し、どの商品に割引を適用するかや割引を適用させる最低金額、最低購入数、さらに割引を利用できるユーザーを設定します。最後に割引コードが利用できる期間と割引コードの利用回数を入力すれば設定は完了です。

2.CVSファイルをエクスポートする

設定を完了した後、表示される画面で作成した割引コードをクリックします。そして「Export」をクリックしファイルを受け取るEメールを入力します。Space Squirrelから届いたメールを開き、そのメールに添付されているファイルを開きダウンロードします。

検証結果

1.割引コードを入力し、商品を購入する

EメールやSNSに作成した割引コードを載せると、ユーザーがカートの画面で割引コードを入力できます。

2.割引コードの利用状況を確認する

管理画面からディスカウントをクリックすると、現在利用可能な割引クーポンが表示されます。利用状況を確認したい割引コードをクリックすると、割引コードの設定などが閲覧できます。さらに、割引コードをどのくらいの人が利用したのかを確認することも可能です。

 

まとめ

イベントやキャンペーンなどの割引クーポンを発行することで、販促に役立ちますし、より多くの購入やリピート率の向上にも繋がると思います。

 

 

BENLYインターン生。現役大学生として国際政治やアメリカ史を学ぶ。Shopifyリサーチ担当。好きなものは、ミュージカルと本格ミステリー。